『雲のやすらぎ』口コミからわかる評判やその安眠効果とは!?

突然ですが雲のやすらぎって知っていますか?その名の通りですが「まるで雲の上で寝ているようなやすらぎを得ることができる」ことから名付けられたそうです。全身の負担を逃がしながら眠ることが出来ることから、その安眠効果に驚かれる人が数多くいます。

そこで今日は、「雲のやすらぎ」敷布団の口コミから評判やその安眠効果についてチェックしてみましょう!


雲のやすらぎとは

■体圧分散の常識を覆した独自の体圧拡散製法「クロスクラウド式」を採用している
■凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛の方でも安心して眠ることが出来る
■厚さはなんと17cmという極厚ふんわりボリューム敷布団
■最高級フランスロレーヌダウン仕様であったたかくて心地よい
■リバーシブルで春夏は通気性抜群の面を使うことができる
■SEKマーク取得のマイティトップIIを採用していて、防ダニ・抗菌、防臭効果がある
■安心の日本国内製

雲のやすらぎが口コミで人気の訳は、腰にかかる負担を軽くして不快な痛みを軽減させることが出来るから。まず、夜寝ている間にも腰への負担はかかりっぱなし。上手く寝返りが出来ずに、筋肉がこわばって朝起きると余計に腰痛がひどいという方が多く、そういった方のために作られた敷布団です。

雲のやすらぎはアルファマットと呼ばれている凹凸のついたマットと、繊維をクロスさせる独自の技術を使って作られています。このダブルの機能によって、普通に横になるよりも寝返りを打つときでも腰への負担を軽減し、特定の部位に体重がかかってしまうことを無くしているんです。

 

どんな人におすすめ?

朝起きた時に腰が痛いという方や、寝返りをうつたびに目が覚めてしまう方、ぐっすり眠ることが出来ない方におすすめですが、私が一番おすすめしたいのは、「短時間睡眠」の方です。

睡眠時間が短いうえいにしっかり眠ることが出来なかったら、余計に体に負担がかかってしまいます。そこで、短時間でも質の良い睡眠ができるように雲のやすらぎで短時間快眠をお勧めします。

最近ではネットビジネスをしていて十何時間も自宅でパソコン作業をしている方が多く、サラリーマンの方でも残業続きで歩きっぱなしの人だって多いはずです。自分の20年後を考えてみて下さい。腰痛に悩んでいないという自信がありますでしょうか?

 

褒めるのはおしまいにしましょう!

褒めてばかりじゃ意味がない。私はいつも「これいいよ~」なんて言っていてもその根拠を探すための努力は惜しみません。そこで、もう褒めるのはやめておきましょう。雲のやすらぎっていう商品はとても良いと思っていますが、良いことばかりお伝えしても意味がないので、ここで1つデメリットを考えてみますね。

【雲のやすらぎの悪い点】

デメリット①
まず見た限りではかなり重い。シングルサイズでも7キロはある敷布団です。通常は4キロ程度の敷布団。分厚さや重さも半端じゃありません。ダブルの場合は約9キロ以上もありますから、いちいち干すだけでも大変です。

これを毎週天日干しするとなるとそれだけで腰痛がおきそうです。私なら絶対に干すなんて作業をしなくなってしまいますね。でもこのデメリットは「布団掃除機」を使うことで解消できそうです。不当用掃除機は今や良い商品が沢山あります。そういったものを使えば、いつも天日干しする必要がなくなりますし、するとしても頻度が少なくなるでしょう。

デメリット②
とにかく値段が高いという口コミが多い。雲のやすらぎは公式サイトの特別価格でも39,800円します。敷布団なんて安ければ数千円で売っているものなので、高価な敷布団として分類されていますね。このデメリットも考えようで、1度買うと数年使用できるところはメリットともとらえることが出来ます。

安い布団は毎年買い替えないといけないくらい粗末なものが多く、高価な敷布団でも長年使用すると劣化していきます。ですが、雲のやすらぎは耐久性が強く、長持ちするよう作られているようです。デメリットと取るか・・・それともメリットだと取るか・・・

デメリット③
雲のやすらぎは厚さが17センチもあるかなり分厚い設計です。しかも大きい。シングルでもその分厚さから、通常の敷布団の三倍程度には感じます。布団は「薄い」ほうが好きですか?それとも「分厚い」方が好きですか?

私はあまり柔らかいところで寝るのが好きじゃありません。だからこそ薄い敷布団を使っています。ここで勘違いをする人が多いのですが、分厚いからと言って柔らかいわけじゃない、という特徴があります。分厚いですが、体重を吸収するというよりも「無重力」に近い状態にする敷布団です。

体の体重がバランスよく分散されて安定して眠ることが出来る敷布団なので、この分厚さは人によって好き嫌いが分かれると思います。寝やすさや寝にくさからいえば、固い布団が好きな人でも柔らかい布団が好きな人でも、入眠に関して雲のやすらぎに不評の口コミをあげている方はいません。

雲のやすらぎの口コミをチェック

・腰痛と肩こりから解放されました
寝つきが良くなって、今では布団に入ってすぐに眠っている
・毎日寝ることが楽しみになりました。
・夜中に目が覚めることが無くなりました
・慢性的に疲れていた体が楽になった
・ふんわりフカフカで寝やすい!
・体の負担が最小限に抑えられていると実感できる
・アレルギー関係なく使用できる!

使用された方は良い口コミばかり寄せていますね。なにせ現役で整体院の院長をしている方がおすすめしている敷布団ですから、腰痛をお持ち方はぜひ活用してほしい敷布団です。これ以上云々を並べてもつまらないと思うので先に販売店情報をご紹介します。



どこで手に入る!?

雲のやすらぎは公式サイトから購入することが出来ます。布団は家電と同じくらい、安全に買いたいですよね。自分の目で確かめて、触って買いたいと思う方も多いのではないでしょうか。

残念なことに、雲のやすらぎは「お試し」というものがありません。新品未開封の場合のみ、商品到着後7日以内に連絡をすれば、商品を送って返品・交換をしてもらうことが可能ですが、「新品として再利用できる場合のみ」と定められています。

この特約には従うしかありませんので、購入の際は“ちゃんと決断して”買う必要があります。お試しをしてみたいという方は決断をされてから、試しに一番サイズの小さいものを買ってみる、というような方法しかありません。お試しがないのはちょっと痛手ですね。

ですが、一番小さいシングルサイズでも通常のシングル敷布団よりボリュームたっぷり。シングル特別価格で39,800円で販売されているので通常の59,800円より2万円もお得な価格となっています。

では料金一覧をご紹介します。

  • シングルサイズ :39,800円
  • セミダブルサイズ:49,800円
  • ダブルサイズ  :59.800円

ダブルサイズは140センチ×200センチという超ビッグサイズ。夫婦二人で悠々と眠ることが出来るサイズです。

他にも、雲のやすらぎと同メーカー商品、六角脳枕をセットにした商品も販売されています。雲のやすらぎ敷布団に合うぴったりの布団シーツも販売されているので、思い切ってセット買いも良いかもしれませんね。

5,000円以上のお買い物で送料は無料となっているので、敷布団シングルを購入しても送料は無料です。上記価格のみで購入することが出来ます。

モニター使用された方のアンケートでは、寝心地が良いと答えた方が98%以上。その他、肩こり解消や腰痛軽減効果まで実感された方も多数。防菌防ダニで安心の国産性。購入敷布団をお探しの方には是非おすすめしたい。

長くなりましたが最後に・・・

長々と紹介してしまい大変申し訳ありませんが、最後に、どうして私がここまで雲のやすらぎを勧めているのか?をご紹介したいと思います。

雲のやすらぎにはクロスクライド製法という技術が採用されています。この技術はメーカー独自の技術であり、縦の繊維と横の繊維を交差させている技術です。これは体を支える構造であり、凸凹構造の中でも斬新かつ繊細な技術です。

他にもお勧めしたい点は・・・

  • ボリューム満点の極厚17センチの5層構造
  • 優れた通気性で湿気を外部へ放出
  • 贅沢な羊毛ロレーヌダウンによってつくられている
  • 最適な温度と湿度を保つ
  • テイジンのマイティトップⅡによる防ダニ防菌防臭効果
  • リバーシブル設計で作られている
  • 床でもベッドでもどこでも使用できる



なんといっても、雲のやすらぎさえあればどこでも眠ることが出来る、そんな敷布団なんです。
私は7年間、睡眠障害で悩み続けてきました。布団へ入っても眠ることができない、携帯電話を触っていると余計に眠れない。布団に入るのは21時、でも寝付くことが出来るのは夜中の2時。周りは「早く寝ろ」「寝るのが遅いから体調が悪いんだ」としか言わない。

人って「寝つき」に大差があります。すぐ眠れる人もいれば、眠れない人もいる。たっぷり寝て、質の良い睡眠を取れば健康でいられるに決まっています。それが出来ないからこそ、私は困っていたんです。

健康だったらあなたはどんなことをします?もし今日すっごく疲れて、寝てもその疲れが解消できなかったら、明日がお休みでも出かけずにごろごろしようと思ってしまいませんか?

人は睡眠によって毎日の生活を左右されています。健康だったら何でもできる、そのことを理解してほしいんですよ。眠ることは大切、なんじゃない。眠っている間にどれだけ回復できるか?がポイントなんです。

そこで重要なのは眠るための環境作り。雲のやすらぎなら、たった3時間の睡眠でもしっかり『疲れが取れる睡眠』が可能になるんです。一度考えてみて下さい。あなたは、どんなことをすれば「寝ている間に疲れを取ることができる」のでしょう?