赤ちゃんの睡眠時間は正確にどれくらい?

赤ちゃんって、よく寝てよく飲んで、よく泣いて。そんなイメージが強いと思いますが、基本は大人よりも「寝る」大人よりも「泣く」というように欲求のまま生活していますよね。

大人でも寝ようと思えば丸1日くらい平気で眠ることが出来るでしょう。では、欲求のままに生きる赤ちゃんは正確にどのくらい睡眠時間を取っているのでしょうか?

 

新生児期から1才にかけての睡眠

授乳、睡眠、うんち、睡眠、授乳、これの繰り返しは生後3か月頃まで続きますよね。2か月から昼夜の区別がしっかりしている子もいますが、1才過ぎるまで夜も寝るのが遅く、夜中にもしっかりと授乳がある子だっています。

基本は短い睡眠を繰り返しています。1日の合計といえば15時間以上眠っていることだってあります。新生児期は特に、2~3時間寝て授乳という日々が続きます。おっぱいも、2~3時間で作られる構造になっているのでそれが当たり前です。

月例別に睡眠時間を合計して算出してみました。
【生後1ヵ月まで】=16時間から18時間
【生後3か月まで】=14時間から15時間
【生後6か月まで】=13時間から14時間
【生後10か月まで】=11時間から13時間
【1才を過ぎると】11時間から12時間

12時間寝るなど大人では考えられないほどの睡眠時間。これは3才頃までこの調子ですが4才にもなるとお昼寝がなくなり、平均9時間程度の睡眠で足りるようになります。

4才を過ぎても眠たくなれば子供は寝ます。「素直」に生きているので、欲求にまかせて眠たくなればお昼寝をするようになるのです。

 

睡眠方法や時間は個性が強い

たとえば寝付くとき。ママの耳たぶを触りながらではないと眠れない赤ちゃんもいれば、ママの歌声を聴いて眠る赤ちゃんもいます。入眠方法も様々で、寝ている間は物音ひとつダメだという子だっています。

赤ちゃんの睡眠時に注意したい事といえば、「窒息」「無呼吸」「ゆさぶり症候群」などでしょうか。睡眠時に布団などで窒息して突然死に陥ってしまうというケースもありますし、無呼吸やいびきは特に注意したいこと。

赤ちゃんは「揺れていると寝る」ように思われていますが、揺らし過ぎは禁物。ゆさぶり症候群にならない程度なら良いですが、やはり基本はベッドに寝かせて寝付かせるほうが安全です。

 

夜寝ている時間がまとまるとお母さんにも余裕が生まれますね。保育園へ通っていない子は特に、日中の運動量を考えても夜にまとまって眠ることが出来ない子が多い。

そういった面では早くから保育園に預けるのもありですし、睡眠時間や回数、入眠方法などは十人十色だと考えて、赤ちゃんの欲求にまかせて自然な眠りを妨げることのないよう、合わせてあげましょう。